RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然堂治療院日記

自然堂治療院の出来事や、思ったことなどを書いていきます。
<< 謹賀新年 | main | カラー治療 前立腺肥大症 >>
男の中の男
0
    「望まれて行くんだから、喜んで力を発揮したい」
    「私にかわいそうという同情の目がむけられるだろうが、そうではなくて野球選手なんだから、グランドでの結果で評価して欲しい」

    17日に亡くなった元巨人・阪神の投手小林繁さんが江川事件のトレードでの記者会見でこのようなことを言っていた映像を見ました。

    前代未聞のトレードですし、マスコミも刺激的なコメントを期待していたことでしょう。
    ご本人も当然悔しい気持ちでいっぱいであったに違いありません。
    しかし会見では、関係者のみんなが救われる唯一といって良いような発言でその場を収めたように私には感じました。
    巨人や江川選手に恨みごともひとつもなく、むしろ阪神へのお世話になる気持ちをおっしゃってました。
    これからプロの世界に入ってくる江川選手への気遣いすら感じました。
    そして、決して自分を悲劇的に見せようとすることなく…。


    小林投手はトレードされたそのシーズンに、見事投手最高の栄誉である沢村賞を受賞する活躍をするという、なんとも格好の良い成績を収めるのですが、文句も言わず、求められたところで全力を尽くし、最高の結果を手に入れる。
    まさに「男の中の男」ではないでしょうか。


    57歳という若さで亡くなられたのが残念でなりませが、野球少年だった私の目には、あの独特の格好の良いピッチングホームが目に焼き付いています。
    | - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jinendoh.com/trackback/1312375